7月の中旬に採決される安保法案の考察

与党が提案した安保法案が、7月の中旬に採決される見通しですが、採決の際に法案に関しては国民の8割以上が納得していない状態です。野党が勧めた学者などは法案の内容に関して違憲性を訴えていたが、集団的自衛権などの内容が曖昧なまま国会で通そうとしています。

安保法案に賛成である党の中でも、海外で戦争になった時などでの対処法が異なっていて、国民に分かりにくい内容で法案を通して行く事を優先しています。

安保法案に関して、国民に理解を深めるためにyoutubeなどの動画のサイトで首相などが一生懸命になって分かりやすく説明していました。戦争になった時などの自衛のシステムを詳細に紹介したり、集団的自衛権の役割などを国民の目線として伝えていました。しかし、youtubeなどの動画として法案に関して説明するだけでは、閲覧している人などの限定性があって国民にとって納得できるまでには至らないのが現状です。

安保法案に関しては、自衛などのシステムなどに関して難しい部分も多いので、当然ながら国民にとって分かりにくいです。政府の内部だけで分かったつもりにしないで、あらゆるメディアを駆使して国民に納得性のある説明を行う事が今後の課題です。キャッシング主婦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です