キャッシングで注意する点

キャッシングで注意する点

金融会社でキャッシング可能なカードを作ってもらった時に気をつけていただきたいことは、まずはキャッシング回数を少なくすることです。

キャッシングカードがあれば決められた金額の枠まで借り入れが可能です。ですが何も考えずに、むやみやたらにキャッシングを利用していると大変なことになります。

キャッシングの金額によって月々の支払い額が大きくなるからです。例えば10万円使用した場合、月々5000円くらいの低額の返済が可能です。ですが、20万円や30万円になると月々の返済額は最低でも10000円ほどになってしまいます。

キャッシングを利用する場合は自分が一月にいくらまでの返済額なら可能かを頭に入れておくべきです。そうすることで生活に必要なお金と返済に必要なお金をきちんと管理することが出来ます。

自分の月の収入と照らし合わせて上手にキャッシングを利用するのが賢いキャッシング利用法です。キャッシングの場合だとカード1枚ですぐに現金を手に入れることが出来るので、ついつい多く使いがちになってしまいます。

結論的にキャッシングで注意する点は、本当に必要な金額までに抑えることが大切です。自分の収入に合わせることも大事です。

カードローンの審査に通るためには?

カードローンの審査に通るためには?

カードローンやキャッシングには必ず審査があります。誰でも簡単にカードを作る事ができるわけではありません。では、これらの審査に通るためにはどんな条件が必要になるのでしょうか?

まず、貸す方の気持ちになって考えてみましょう。不安定なフリーターと安定している公務員と、どちらか一方にだけお金を貸さなければならないとなった時、どちらも赤の他人だったら皆さん公務員の方にお金を貸しますよね。

このように、安定して毎月収入を得ているという、いわゆる社会的信頼が最も重要な基準となります。もちろん会社によって審査基準は異なりますし、フリーターだからカードが作れないという事ではありません。

しかし、正社員の方が有利である事は間違いありません。それだけ毎月安定して収入を得ているかどうかというのは重要なポイントになります。もし体を壊してしまった時、正社員であれば福利厚生もありますがアルバイトでは退職になってしまう事が多いですよね。

そうなった時、返済はかなり難しくなってしまうのです。こう考えてみると、どういう人がカードローンの審査に通りやすいのかわかりやすいかと思います。もし審査に落ちてしまったら、自分の社会的信用はどうなっているか考えてみて下さいね。

キャッシングの審査に必要なもの

キャッシングの審査に必要なもの

キャッシングをいざ利用しようと思っても何が必要なのか分からないことがあります。前もって知っておけば、いざ申し込みの時に手間が掛からずスムーズに進みますね。

どこの消費者金融であっても基本的に審査を通らなければ借りることはできません。しかし、大手の消費者金融では審査は割と簡単です。

ポイントは本人確認が出来る書類と収入証明書の二つです。本人確認が出来る書類が必要となります。これは、どこの消費者金融であっても必要なものですので必ず用意してください。

本人確認が出来る書類とは、運転免許証、保険証、パスポート、住民票、住民票基本台帳カード、年金手帳など様々あります。その中で免許証や保険証、パスポートなどで大丈夫です。

もし、現住所が記載されている所と違うのであれば現住所の記載されている、半年以内の公共料金の請求書もしくは領収書と一緒に提出になります。

ただし、携帯などの領収書では通りませんので注意が必要です。それがなければ住民票などがあれば申し込みできます。

もしも、大きな金額を借り入れしたい場合はさらに収入証明書が必要となります。給料明細や源泉徴収などです。

借り入れ額が30万円や50万円ほどですと収入証明書は必要ない消費者金融が増えてきています。